(1) レポートの概要

-----------------------------------------------------------------------------

新規レポート「全世界薄膜太陽電池技術動向および市場展望(20062015)-企業および研究所動向篇」

詳細ページ:http://www.solarnenergy.com/eng/service/report_show.php?mode=show&id=741

ウェブサイトからのお問い合わせ: http://www.solarnenergy.com/include/inquiry/eng_solar.php?report_id=741

-----------------------------------------------------------------------------

(2) 特徴(Strong Points)

-----------------------------------------------------------------------------

2007年まで太陽光市場は効率が高くて、Fieldでの性能が検証された結晶形 Si太陽電池が90%以上を占めていた。しかし、原材料となるポリシリコンの生産能力が市場の成長を追いつけられなかったのが原因になってでポリシリコン供給不足現象が発生された。こういう問題を解決するために薄膜太陽電池製造メーカーはTurnkey 装備メーカーの手を借りて、生産設備の増強と共に量産技術も飛躍に発展させて来た。現在ポリシリコン事業には約90個メーカーが参入しているが、全世界の景気沈滞をきっかけとして価格下落が進行されて、2010年の薄膜太陽電池の比重は減少した。

その上、主要国の政府予算が足りなくなって、大規模の発電団地よりは建築物を活用した太陽光発電にインセンティブをあげる制度がヨーロッパを中心に実施されながら、需要はもっとも減るという予測もある。しかし、米国、中東、中国など±35 緯度のSunbelt地域の広い国土と多い日射量を保有している国々がGround Mounted Systemの方への成長性が高くなりながら、改めて薄膜太陽電池に対する需要が漸進的に増えると予想されている。当分間シリコン太陽電池が主流をなす市場になるが、今後堅実に成長できると展望される。

薄膜太陽電池の中でも CIGS太陽電池の効率は実験室の規模でも一番高い水準に至ったし、理論効率も結晶系太陽電池と同じ水準の28%まで到達できると判断されている。このように高い効率と安い原価でも製作が可能という長所を利用していろんな研究が行われてきたが、大量に量産が出来る技術開発が定立されていないので今まで実験室水準とかパイロットライン規模で構築されていた。しかし、 Wurth Solar(ドイツ), Honda Motor(日本, Honda Soltec), Showa Shell Sekiyu(日本, Solar Frontier)などのメーカーが長い研究のすえ、大量生産技術開発に成功して本格的に量産に突入した。続いてSolibro(ドイツ), Global Solar, Miasole, Solyndra(米国)なども量産を始めた。」

CdTe太陽電池は2010年まで First Solar一つのメーカーがほとんど生産して来た。 しかし、CdTe太陽電池の事業性が大きく浮上されたし、Cdの有害性もある程度解決されたことによって、最近いくつかのメーカーが事業参入を発表して大規模の生産能力を備えようとしている。米国の Abound Solar も大規模の増設を進行する計画であり、PrimeStar を引き受けたGEも既存の設備から工場規模を400MWまで増設する計画を20114月に発表して2013年から量産開始の予定だ。特にこういう新規メーカーは最近公式的なコンファレンスなどで 継続的な効率及び歩留まりの向上に関するデーターを公開しながら技術力を認めてもらっているので、生産設備の増設は計画通り進行できると予想される。

a-Si太陽電池は70%以上の企業が主要メーカーのturnkey lineを導入して生産を進行しているため、他の薄膜太陽電池に比べ、比較的に事業に参入し易い。それで一番早く量産化事業を進行しているし、多いメーカーが生産及び研究開発を進行中である。体表的な企業としては米国のUnited Solar Ovonicと日本のSharpがあり、中国、台湾、ヨーロッパ、日本、韓国、米国など全世界にわたって均一な分布を見せる。

. 薄膜太陽電池生産量と成長率展望(2006~2015)

http://www.solarnenergy.com/research_img/85846.jpg

(出所: 全世界薄膜太陽電池技術および市場展望(2006~2015)-企業および研究所動向篇)

堅実な研究活動を通じて太陽電池モージュルの製造原価節減と高効率の可能性を開けている薄膜太陽電池に関してSolar&Energy全世界薄膜太陽電池技術動向および市場展望(20062015)-企業および研究所動向篇を発刊した。企業および研究所動向篇は全世界の企業と研究所の薄膜太陽電池商業化及び研究開発動向をすべて網羅している。

このレポートでは全世界薄膜太陽電池技術および市場動向について

全世界薄膜太陽電池技術別研究所R&D動向と今後計画分析

薄膜太陽電池メーカー別商業化動向分析

薄膜太陽電池効率(R&D/商業化)開発動向

全世界薄膜太陽電池技術別市場動向と今後展望

などの内容を含めている